日本人形協会会員 節句人形優良店

代表者挨拶

代表者挨拶

代表取締役社長

白石明史

社団法人日本人形協会認定 節句人形工芸士
写真

愛情伝達のお手伝いが、私たちの使命です。 私が、縁あってひな人形業界にたずさわってから三十余年、最初は単なる職業と考え、 ただ一身に業績のみを意識していましたが、ひな人形を世に広げるうちに、この仕事には、もっと大切な社会的な意味があるように感じるようになりました。

合理主義万能の現代。

経済大国と言われ、身の回りに物資はあふれています。しかしなにか、大切なものをどこかに忘れてきてしまったような気がするのは、私だけではないのではないでしょうか?
小さな頃から、当たり前のように、私の身近にあったひな人形を、今、あらためて見ると、これほど、贅沢な材料をふんだんに使い、何よりたくさんの人の手を掛けて作った人形を日本以外で見かけることがないことに気付きます。
さらに、これだけ価値のある芸術品を人からひとへと贈り伝える風習は、日本独自のスピリチュアル文化の象徴に思えるのです。

子供の誕生を祝い、成長を祈って、ひな人形を贈る。それはまさに心を伝えることです。
合理主義万能の現代だからこそ、日本人本来の愛情と神秘性を見直すことが、人や家庭に癒しを与えてくれる原動力と信じ、ひな人形と共に愛を伝えるお手伝いをすることが私たちに与えられた使命だと、日々社員一同、努力、研鑽をしていく所存です。